2012/03/18

動画サイト千年王国 第15回 ときめき映研動画ハイスクール パート3 大磯高校SF研製作映画の世界

今回の動画サイト千年王国は、またもや偶然発見した自主製作映画を紹介していきたいと思います。

今回は、神奈川県にある大磯高校SF研究同好会(以下大磯SF研)の動画です。
動画を見た後で調べたのですが、大磯高校SF研は、自分のブログでかつて紹介した(千年王国10・11回)映画甲子園で2部門入賞を果たしたそうで、高校生製作・自主製作ながらも、見ごたえのある映像に仕上がっています。

YOUTUBEにアップされてある動画も豊富で、往年の青春映画「転校生」風の性別転換ネタの「夏夢」や映画甲子園受賞作「超チョ→ク戦争」、












今時珍しい?純情高校生向けのいかにも若いっていいなぁって感じの短編作品「てをつなごう」「海子先生の恋愛講座」、パロディ短編「女王蜂の教室」などなど、バリエーションも豊かでなかなか楽しませてくれます。










演技はやや心もとないけど、その心もとなさ、そしてそれに裏打ちされたフレッシュさが動画マニア的に琴線に触れたりします。

今後もYOUTUBEに動画をアップしたりなど、大磯高校SF研の活躍に期待したいところです。





追記(6月10日)
大磯高校SF研究同好会は、先月(5月)に部活に昇格し、大磯高校SF研究部となりました。
ご祝儀代わりに最新作「すまほ」を新たに動画追加しますので、この記事を見つけたらご覧ください。
では、大磯高校SF研究部の皆さま、また新たな作品制作・動画配信期待しています。
スポンサーサイト
2012/03/18

3/17オミプロ撮影お手伝い日誌[第9話]

3/17日土曜日、先週に引き続きオミプロの撮影がありました。
今回はロケ撮影のみです。
ダイナスパルタン第2話の屋外撮影パートとなります。

今回は自分も出演パートがありましたが、ちょっとだけ長いセリフに大苦戦。NGを数回出しました。
セリフが少なくとも、もう少し練習してこようと反省しきりでした。また、共演者の方々って、やっぱり凄いんだなぁと再確認させられました。間の取り方、ちょっとした動きなど、今回はキャストの動きに注目が行きました。(悪人側が拳銃を弾き飛ばされる動きがとくに良かったです) 

今回の撮影のハイライトは、チャッピーさんこと山崎智美さんの打撃アクションでしょう。
一回蹴ったあと、さらに回し足払いと高度なテクニックを披露。まるでコマのように鮮やかに回転し、古い例えで申し訳ないですが、バーチャファイターを見ているかの打撃モーション!カッコよすぎです。

アクションといえば、キャストののむらそうしさん、島村貴規さんの身体のキレのいいアクションも印象的でした。

ダイナスパルタン 第2話 ある復讐の果て

撮影が無事終了し、時間が空いたので吉祥寺西コミュニティセンターで歓談したあと、今回のもう一つのメインイベント「関係者のみのドンファンジャック静かなるノーサイド試写会」を、先日オミプロにキャストとして加入した葉月しのさんの経営する飲食店「玄関食堂」で行ないました。

今度の5/26に上映する静かなるノーサイドの完成映像を見ながら、関係者一同みんなでお酒を飲んだり、お店の名物メニューのカレーや餃子などを食べながら(とてもおいしかったです!)楽しい時間を過ごしていました。

5/26日のドンファンジャック静かなるノーサイド上映会、多数のご来場をお待ちしています。
そして、ご期待ください!

2012/03/12

動画サイト千年王国 第14回 おらが町の平和を守り抜け! ご当地ヒーローの世界 その2 マジック戦隊MCO

この前、いつものようにYOUTUBEをぼーっと検索していたら、偶然「マジック戦隊MCO」という動画を見つけ、見てしまいました。
20111003113311_10_400.jpg

マジック戦隊MCO 第1話


自主映画だと思っていたら、妙に豪華な造りの着ぐるみ(敵・味方ともに)が目につきました。
アクション、演技など、内容は特撮ヒーローもののフォーマットに則った並みの作品ですが、とにかく着ぐるみが豪華なのには驚きました。あと、作品の特徴として、マジック(手品)が随所に織り込まれています。
1246019632_b.jpg

マジック戦隊MCO 第2話


動画を最後まで見てみると、旅館をはじめ数々のスポンサーの紹介があり、気になったのでネットで調べるとMCOのホームページがあり、閲覧すると群馬県のご当地ヒーローで、2009年から2年にわたり群馬の地方局でTV放送されてたそうです!(知らなかった!)道理で、着ぐるみが豪華なわけだ(笑)。
といっても、ホームページ上で着ぐるみが豪華と繰り返し自慢されても…。
img_6242_35284_5.jpg

マジック戦隊MCO 第3話


マジック戦隊MCOは、奇術・マジックを披露するマジックオフィス群馬主宰者のミスター龍應が中心になり、TV放送終了後も、マジックショーも兼ねたヒーローショーを現在まで行なっているそうです。
なんでも、出演料は取らない代わりに、出演場所を選ぶとのことです。

同じくミスター龍應が中心になって作られた前作「超速戦隊G-FIVE」(Gは群馬のG。構成員は群馬の名所をモチーフにした名前)も、YOUTUBEにUPされていますんで、気になった方は検索してください。
gfive.jpg

超速戦士G-FIVE 第13話
2012/03/12

3/10オミプロ撮影お手伝い日誌[第8話]

3月10日土曜日、オミプロの撮影があり、例によって参加しました。

スタートは、折から天気が悪く、寒空の下、ロケ撮影で、ダイナスパルタン2話のアクションシーンを撮影しました。

その後、室内撮影を行ないました。

全体的に今回も撮影ははかどり、いい感じで楽しく撮影が進みました。

今回新たに加入された、葉月しのさん(自主映画や、映像作品に多数出演されていたそうです)もダイナスパルタン撮影に参加、初参加とは思えない違和感のない自然な演技に驚かされました。

葉月さんは、「玄関食堂」という飲食店を経営されていまして、来週「玄関食堂」にて関係者だけの「ドンファンジャック静かなるノーサイド」試写会を行なうとのことです。
「玄関食堂」は、餃子がウリとのことで、今から試写会が楽しみです。


なかでも、音楽も担当されているオミプロのベテランキャスト、加賀谷剛さんのアドリブ演技が最高に面白く、必死に笑いをこらえながら録音しました(笑)。カットのときは笑いをこらえ切れなくなり爆笑しましたが(笑)。

今回は珍しく、グリーンバック合成撮影が少な目でした。

Wダディと女子高生3話の撮影では、主人公・三三子(みさこ)の心情描写を別のキャスト(加賀谷さん)が読み上げ、それに合わせて三三子役の椎名綾子さんが演技する(心情描写のセリフは別録で椎名さんもあてていて、本編で被せる予定)という、新機軸の演出もありました。(危うく、間違って集音しそうになりましたが)。

終盤ではまたもや加賀谷さんのアドリブ演技が炸裂、自分は笑いを必死でこらえながら録音しました(笑)。

ダブルダディと女子高生 第3話 少女に何が起こったか



全シーン撮影終了後、キャストの椎名綾子さんによるダイナスパルタンのエンディングテーマ「小さな小さな大作戦」の歌撮りが行なわれました。リズムをとるのが困難そうな歌なのに、アイドル系の可愛らしい歌唱で歌いきった椎名さんはさすがだな、と思いました。

先日、ダイナスパルタン1話がYOUTUBE上でアップされ、エンディングテーマもばっちり収録されてますので、ぜひ
ご覧になってください!もちろん、本編も見ごたえがある仕上がりになっていますので、ご観覧よろしくお願いします。

また、すでにオミプロサイトで告知されているのをご覧になった方もいると思いますが、「ドンファンジャック 静かなるノーサイド」の上映会が5月26日土曜日・下北沢トリウッド(18:30開始・チケット500円)にて行なうこととなりました。

普段YOUTUBEでオミプロをご覧になられている方はもちろん、自主製作映画好きの方や面白い映像が好きな方にも見ていただきたい作品なので、ぜひとも上映会のご来場をお待ちしております。