2012/08/30

オミプロ新着動画 12年8月号 その3 ハロー!ジャンキーコップ第5話「つぐみが噤む(つぐむ)時」

ハロー!ジャンキーコップ第5話「つぐみが噤む(つぐむ)時」が配信開始されましたので、ごゆっくりご覧ください。

ハロー!ジャンキーコップ第5話「つぐみが噤む(つぐむ)時」



謎の組織タイタンの悪の野望を、ジャンキーコップは阻止できるか?
そしてつぐみは…?

見どころは刑事・蘭子役の長澤美恵さんのツッパリコスプレでしょう。
そのキュートな姿を動画でご堪能ください!


もうひとつの見どころは、加賀谷剛さん、島村貴規さん、内海敦さん演じる悪役の演技も見逃せない見どころでしょう。

そしてなんていっても、つぐみ役・市村麻梨子さんの演技は必見です!

次回、新着動画9月号は9月14日頃配信予定のハロー!ジャンキーコップ第6話「ミチルが怒りに満ちる時」を配信開始次第ご紹介しますので、ご期待ください。

なお、今回をもってアナログ配信は終了、9月配信分からオミプロ作品はフルハイビジョンでの配信がスタートしますので、乞うご期待ください!

新ダイナスパルタン ハロー!ジャンキーコップ YOUTUBE配信バックナンバーはこちらから。

 第1話「おもいっきり大前線」初回スペシャル 

 第2話「狙われたアイドル」

 第3話「危ない!それは毒キノコ」

 第4話「トイレは危険がいっぱい!」



そして、前作・特装警察ダイナスパルタンのYOUTUBE配信バックナンバーも併せてどうぞ。

第1話 「結成!特装警察」

第2話 「ある復讐の果て」

第3話スペシャル「大誘拐」

スポンサーサイト
2012/08/26

動画サイト千年王国 第29回 正統派動画制作集団登場!?OUTSTUDIO 中央工科デザイン専門学校+映像と美術で遊ぶ会の世界 パート2 中央工科デザイン専門学校編

さて、今回の動画サイト千年王国は、このコーナーで取り上げるに最もそれらしい、まさに千年王国的に「正統派」と呼ぶにふさわしい動画集団と、作品動画を紹介しようと思います。

YOUTUBEでのIDこそ「OUTSTUDIO」ですが、OUTSTUDIO名義での自主製作映画、中央工科デザイン専門学校名義の動画作品と、映像と美術で遊ぶ会名義での動画作品と3通り発表されています。

(製作者がかぶっている動画がいくつかあるので、両方とも関与している製作関係者もいる模様。全体を通して、内田伊久さんという方が製作の指揮を執っているようです。中央工科デザイン専門学校と映像と美術で遊ぶ会からは、小暮優さんという方が内田氏とともに製作の指揮に携わっているようです)

千年王国では、同じコーナータイトルでくくり、OUTSTUDIO初期編・中央工科デザイン専門学校編・映像と美術で遊ぶ会編と3編に分けて紹介していこうと思います。

今回は、中央工科デザイン専門学校編をお送りします。

まずは、ホラー作品「マリンバ」。
メイキングと予告編だけですが、愛らしい造形の異生物マリンバと、出演男女(特に女優)のキレた演技ぶりが目にとまりました。

マリンバ予告編



マリンバメイキング動画1




マリンバメイキング動画2




マリンバメイキング動画3




マリンバメイキング動画4





お次は、サムライブレイダー。TV特撮などでもかぶり物製作に一般的に使われるFRPという特殊樹脂で作られたマスクがカッコイイです。FRP使えて作れるのって、なんかうらやましいです(涙)。いいなぁ~・・・。
敵も植毛などが施されていて、TV特撮に負けないぐらいのクオリティです。
作品自体は短く、内容もふざけ気味なんですけどね…。

サムライブレイダーマスク製作動画




サムライブレイダー1話





サムライブレイダー2話





サムライブレイダー3話





サムライブレイダー4話





なお、オリジナルヒーロー同士の共演企画もあります。メイキングと予告だけですが。



サムライブレイダー対特務戦士ZERO予告



サムライブレイダー対特務戦士ZEROメイキング動画1




サムライブレイダー対特務戦士ZEROメイキング動画2



特務戦士ZERO予告編




次に紹介するのは「近未来警察ゼロブルー」。
着ぐるみはやはりカッコイイのですが、変身したヒーローが生身の悪人をボコっちゃまずいでしょ~(笑)。



近未来警察ゼロブルー1話




最後に、近作である萌えろ!うずたまん  第1話「きみはともだちうずたまん」 を紹介します。
かわいい着ぐるみが、ほのぼのとした気分にさせてくれていい感じです。

萌えろ!うずたまん  第1話「きみはともだちうずたまん」 





では、次回は映像と美術で遊ぶ会名義の作品をお届けしますので、ご期待ください。
2012/08/26

動画サイト千年王国 第28回 ご当地アイドル群雄割拠全国版 パート1 日本各地のご当地アイドル の世界 その1

4d5f611446ef3d32bbef6f846d598557.jpg
記事タイトルの元ネタ、信長の野望全国版(ファミコン版)

今現在、AKB48グループ(SKE・NMB・HKT含む)を筆頭に、ももいろクローバーZやアイドリングなどなど、多数の集団アイドルグループが芸能界を賑わし、大人気を博しています。

スキャンダルが露見したさしここと指原莉乃が加入して、そののちメンバー五人が一斉に脱退するなど、現在大波乱の様相を呈しているHKT48は、AKBグループといえど、ライバルアイドルチーム2組と互角にしのぎを削る一地方アイドルグループに過ぎず、AKBグループでも安閑とできない福岡のアイドルグループ三国志状態となっております。

日本の首都圏・中枢ではAKB48やももいろクローバーなどが大人気を博していますが、先述の福岡のアイドルグループ3すくみのように、地方都市でも様々な「ご当地アイドル」が乱立しているのです。

今回の千年王国は、日本全国にあまたあるご当地アイドルグループを何回かに分けて紹介していこうと思います。

まずは日本各地のご当地アイドルの中でもっとも著名と思われる「りんご娘」から。
青森のご当地アイドルグループで、メンバー皆津軽弁で話し、メンバーの名前も金星・レッドゴールド・王林などリンゴの品種にちなむなど、一貫・徹底されています。

りんご娘1 青森のご当地アイドル・りんご娘・Live/ 仙台編(2012.03.18)



りんご娘2 りんご娘 「LOVE & SOLDIER」



りんご娘3 被災地のみなさんへ ~ りんご娘 『トレイン』
 



お次に、鹿児島のご当地アイドル、 1 Believe FNC ワンビリーブ エフエヌシーです。

鹿児島 ご当地アイドル 1 Believe FNC ワンビリーブ エフエヌシー 初ステージ



今度は、岡山県北部の美作国ご当地アイドルSakuLoveの動画を紹介します。
プロレスラー・藤波辰巳の迷曲「マッチョドラゴン」といい勝負の歌唱力が……。

美作国ご当地アイドルSakuLove「JUMP!!!」PV



4番目は、富士宮市ご当地アイドル チームエムツーの動画です。

富士宮市ご当地アイドル チームエムツー みんなの富士宮やきそば



最後に、宮城の気仙沼のご当地アイドル!SCK45を紹介して記事を締めくくりましょう。
ちなみに、グループ名はAKBグループとは何の関係もなく、ただのもじりです。
ご当地アイドルグループには、AKBのもじりグループ名が結構多いのです。

気仙沼は、昨年の震災の被害も甚大だった地域ですが、こういう活動で被災地を明るくしていってもらいたいです。

気仙沼のご当地アイドル!SCK45・ライブ/ (2012.03.25仙台編#2)


「今宵はここまでにいたしとうござりまする」
(1988年の大河ドラマ・「武田信玄」の信玄の母・大井夫人の締め台詞より。)

では、再び千年王国ではご当地アイドルを紹介していこうと思いますので、ご期待ください!
2012/08/22

動画サイト千年王国 第27回 正統派動画制作集団登場!?OUTSTUDIO 中央工科デザイン専門学校+映像と美術で遊ぶ会の世界 パート1 OUTSTUDIO初期編

さて、今回の動画サイト千年王国は、このコーナーで取り上げるに最もそれらしい、まさに千年王国的に「正統派」と呼ぶにふさわしい動画集団と、作品動画を紹介しようと思います。

YOUTUBEでのIDこそ「OUTSTUDIO」ですが、OUTSTUDIO名義での自主製作映画、中央工科デザイン専門学校名義の動画作品と、映像と美術で遊ぶ会名義での動画作品と3通り発表されています。(製作者がかぶっている動画がいくつかあるので、両方とも関与している製作関係者もいる模様。全体を通して、内田伊久さんという方が製作の指揮を執っているようです。)

千年王国では、同じコーナータイトルでくくり、OUTSTUDIO初期編・中央工科デザイン専門学校編・映像と美術で遊ぶ会編と3編に分けて紹介していこうと思います。

今回は、OUTSTUDIO初期編をお送りします。

まずは、主人公が蛇と戦う蛇閣童子から。
まず造り物とあからさまにわかる蛇やワニが笑いを誘います。
また、造り物の蛇相手に一生懸命演技する役者さんもいい仕事しています(笑)。

蛇閣童子は、短時間でこま切れにUPされていて、そのうちの一つがなぜか100万再生を超える人気動画になっています(笑)。

蛇閣童子1



蛇閣童子 ワニ対蛇



蛇閣童子 蛇対人間カンフーアクション



蛇閣童子 大蛇に巻きつけられた男と笑う女 



次に、10年以上前に製作したというバトル野郎。
観た感想としては、切れのいい打撃アクションと、当時的にも、現在の目で見ても(自主映画として)凄いCGの技術でしょう。ややCG使いすぎな感じがしますが、絵的に派手で見応えがあります。


バトル野郎1



バトル野郎2



バトル野郎3


もうひとつ、DEAD BOYSという自主製作作品もあります。
演技は今一つな感じがしますが、体当たりの格闘アクションは見ものでしょうか。

DEADBOYS1



DEADBOYS2



DEADBOYS3



では、次回は中央工科デザイン専門学校名義の作品をお届けしますので、ご期待ください。