2013/11/30

2013 11/30 オミプロ撮影お手伝い日誌[第58話]下北沢・トリウッド上映会編

本日、東京は下北沢にある短編映画館・トリウッドにてオミプロ上映会作品
バトルフィールドコロニー
が、上映されました。
m131130a.jpg

作品前後のブリッジ映像として、往年のオミプロマスコットキャラ・おなかぱんぱんマンの映像が!!
これはオミプロファンも、そうでもない人も喜ぶ粋でいなせなサプライズ!!





作品の展開は、


まずはのむらそうしさん、内海アーチさん、長澤美恵さん、明山大地さん、ことりゆうこさんの救助隊!
それぞれの光る個性をアピールしつつ、鉄壁のチームプレーを披露!!

お次に宇宙の運び屋を演じた加賀谷剛さん、島村貴規さんの男らしい無頼さあふれる演技ぶりで、ワイルドな存在感を存分に見せてくれました。

中でも特に島村貴規さんは、粗野で無頼派にして内面の優しさもたたえた男っぷりのいい演技ぶりで、渋い存在感を醸し出していました。

主人公・かがりの上司を演じた竹中さやかさんの重みを感じる演技ぶりや、かがりの友達を演じた長井鈴菜さんのフットワークの良い元気な演技ぶりもまた、作品世界を盛り上げます。

かがりの親友役の椎名綾子さんもまた、良く考えられた基本に忠実で丁寧な演技に裏打ちされた、的確で情感・緊迫感あふれる芝居で、作品の臨場感アップに多大に貢献!!

そして何と言っても、主人公・かがり役の西尾沙織さん!!
まさに入魂の演技と形容するにふさわしい、毅然とした落ち着きを感じつつも時には激する、感情移入しやすく人間像がしっかりと伝わってくる演技ぶりで、上映会主役をビシッと演じ抜きました!! 上映作品終幕後の挨拶も、西尾沙織さんがバッチリコメントして見事締めくくりました。






その他、作品の見所として、全体的に合成技術やCGの使い方が大幅に向上!!

カメラワークを駆使してミニチュアと上手く併用するなど、フィクションとしてのファンタジックさが良く出ていて、それが見事に作品の世界観を作りあげていました。

また、作品中グロテスクな描写もあるにはあったのですが、小美濃たつやさんの良心的な配慮により、さほどにグロテスクではなく、作品を演出するのに最低限にとどめ、効果的に世界観に折り込み、溶け込ませていたのも、小美濃たつやさんの作品にかける意気込みと手腕のなせるわざと言えるでしょう。

心残りは、音声がいくつか不自然に近くなったり遠くなったり、若干の粗がみえた感があるので、音声係の私としては、今後の宿題として取り組んでいく、と決意をあらたにしました。

全体的に館内もほぼ満員、お客様たちもおおむね楽しんでいただいたと思います。

会場に詰めかけた皆様、誠にありがとうございました!!
僭越ながらオミプロ一同を代表し、会場に来ていただいたお客様に心からの御礼申し上げます。

では、来月のオミプロ撮影お手伝い日誌にご期待ください!
スポンサーサイト
2013/11/27

ミズコミズオMの水遊記(すいゆうき) 第7話目 新宿・花園神社酉の市三の酉 見世物小屋の巻

今回のミズコミズオMの水遊記は、以前告知した、新宿・花園神社の酉の市の見せ物小屋をリポートします。

本日、花園神社の酉の市は三の酉を迎え、見世物小屋も最終日を迎えていました。

見世物小屋は、自分が到着時点で開催されていました。
20111127095445226.jpg

入り口の前説のお姉さんに見世物小屋のルールやシステムを再三確認したうえで、駆けつけ三杯やってから、夢にまで見た待望の見世物小屋見物にいざ出陣!

オミプロの撮影や、オミプロキャストの舞台もそうですが、こういうライブものは
観る側と見せる側の真剣勝負!!

一ブログ書きとして、真剣勝負のフェアプレー精神にのっとってリポートしたいと思います。


演目は、

1・アマゾネスピョン子ちゃんの火炎芸

2・首狩り族の芸

3・寝たきりから抜け出した老人の力芸

4・中国から来た串刺し男の芸

5・寄生虫を体内に住まわせている男の芸

6・蛇女の芸

と、なります。(順不同)

目当ての蛇女の芸はややスケールダウンしているものの(行政指導の絡みもあるそうです)、全体的に実に工夫され頓知が利いた、見事な芸が見られて大満足でした!!

入り口や進行役の講釈師の話術や客扱い、及びセリの上の芸人さんの魅せる技量と覚悟に思わず感嘆しました。

肝心の内容は
それは自分で調べて、実際に出向いて是非自分の眼で直接確認していただきたい!

そして、見る側と見せる側のライブでの真剣勝負の醍醐味、直にご堪能いただきたい!


ただひとつだけ言えることは、観る側にシャレやトンチが解るセンスと、目の前のことを素直に楽しめる心意気が必要、ということだけです。


それさえクリアすれば、子供から大人まで誰でも楽しめる、ただそれだけのことです。
(実際、子供さんのお客さんも多々見かけました。皆、一様に目の前の芸に喜んでいました)

これで見世物小屋も出向いて鑑賞!またもう一回行きたいです。
残されたターゲットは、平塚七夕祭りのお化け屋敷!今年はスケジュールや予算の兼ね合いで見送りましたが、来年こそ目指すは何軒かあるお化け屋敷完全制覇!!

では、ミズコミズオMはいつかどこかにいずこに推参いたします。
2013/11/24

動画サイト千年王国 第85回 人類の科学の進歩と調和  ハイテク機器動画の世界

今回の動画サイト千年王国は、柄にもなく真面目にいきたいと思います。

今回は日本の工業科学が生んだすばらしいハイテク機器の動画
を紹介したいと思います。

鉄腕アトムが誕生したのは2003年という設定。
しかし、10年経過しているのに、いまだに鉄腕アトムのような人口知能ロボットが生産されません。

しかし、可能性はあるにはあるのです!
下の動画がその証拠。




手足、そして五指の関節可動や直立姿勢も出来るんですって!すっげーなー!
296769l.jpg

用途?まあ、わかる人だけわかればいいんです・・・。

さらに、上の動画の技術を応用し、医療分野にも転用。






用途は違っても、技術は応用できる。固定観念にとらわれたら何も出来ません。
こういう発想の転換・転用は、自分が目指す境地でもあります。
2775e356-s.jpg

まあ、「一休さんのとんち」のようなものですが、頭が動く限り、自分の目の前に人がいる限り、頭を使って何かの役に立てたらと思って人生生きています。

そこに人がいる限り、そこに目の前の何かすることがある限り、疑問を常に持ち、頭を使って考えて実行していきたい。

自分の頭で考えたことや知識を、何かの役に立ててみんなと楽しく過ごしたい。

「それが私の生きる道」なのです。


この動画で、そういう発想や技術は馬鹿には出来ないなと感じました。
それが・・・・な分野であったとしても(笑)
2013/11/21

オミプロ新着動画 11月号 その2 新十郎事件ファイル 第4話 二人の名医」

オミプロ配信完全新シリーズ
新十郎事件ファイル
の第4話「二人の名医」
が配信開始されましたので、ごゆっくりお楽しみください。

心待ちにしていたオミプロファンの皆さまも多かったと思います。
新十郎事件ファイル第4話、ご視聴ください!


長門旭医院と診察を縁に関わることになった高貴な美女。
貴族の家を守る当主の美女や使用人たちに立ちはだかる悪党たち・・・。


 
新十郎事件ファイル

 第4話「二人の名医」





見所はまず何といっても、名家の当主を演じた椎名綾子さん。
お嬢様特有の高貴さと、世間知らずさからくる寛容さ・甘さを見事に表現している演技ぶりが必見です!

そして、島村貴規さんの創意工夫のなせる業ともいえる味のある悪役演技や、竹中さやかさん・祥(さち)さんの体のキレに優れたアクションシーンもまた、見逃せません!

そして何より、小美濃たつやさん演じる新十郎(新八郎)と西尾沙織さん演じる梢院長との初対面の回想シーンは、ロマンチックな画面作りになっていますので、ぜひ動画で本編映像を!


久々となるオミプロの配信完全新作シリーズ、今までご覧になった視聴者の方々も、初めてご覧になる方々も、改めて動画をご覧いただき楽しんでいただけましたら、幸いに思います。




現行連続配信シリーズ

新十郎事件ファイル

第1話「水瓜旭の新八郎」

第2話「神のお告げにご用心」

第3話「燻り(いぶり)出された首謀者」

第4話「二人の名医」

荒野の追跡事件簿

第1話「兄弟は他人の始まり[水瓜旭のヘボ探偵誕生]」

第2話「鼬(いたち)の最後っ屁」

第3話「艶姿罷り通る」

第4話「山の芋鰻になる」

第5話「涙に溺れる女賊」

第6話「友情の枝手折る(たおる)」

第7話「さらば!水瓜旭」



次回12月配信予定作品は、
新十郎事件ファイル
 第5話「さとやんの春!?」

12月第二週配信予定ですので、ご期待ください。

最後に、上映会作品「バトルフィールドコロニー」は
2013年11月30日土曜日
19時00分~19時50分 
東京・下北沢短編映画館トリウッドにて上映
前売り・当日ともに入場料500円

と、なります。
m131130a.jpg



上映会にご期待ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。