2015/09/26

動画サイト千年王国 第122回 知られざる世界の特撮1 総天然バカ映画の巻 台湾映画・大俠梅花鹿(1961年)動画の世界

さて、久しぶりの動画サイト千年王国。

今回は、YouTubeで発見した世界各国で上映・放映された誰も知らない特撮映像を紹介します。

今回紹介するのは、
大俠梅花鹿 The Fantasy of the Deer Warrior(1961年)
という50年以上前の台湾映画です。
18706195811_2789115dd7_b.jpg

まず、ポスターを見ていただきましょう。
どう見てもまともな映画ではない、ただならぬ狂気じみたオーラが感じられます(笑)。

【2015看見台灣經典電影】1961 大俠梅花鹿




こんな(笑)映画でも一応ストーリーがあって、
森の小動物を守る親鹿を狼に殺された鹿の雄(擬人化)が、親鹿の仇を討つべく奮起し、ヒロインの雌鹿とロマンスしつつも、雌鹿をめぐり他の雄鹿とバトルを繰り広げたりしながら最終的には狼一派を倒し仇討ちを果たす。
てな感じです。
05_1Themes_3.jpg

『張英 101 』影展專題(4/25 - 5/9)-- 大俠梅花鹿




動画では断片しか見られませんが、クリスマスでもないのにジングルベルのメロディにのせて踊る小動物の子供たちや、もしもしカメよ~のメロディで小芝居をするウサギと亀といった、バカ度1000%の内容がうかがえる動画となっています。

The Fantasy Of The Deer Warrior




一体誰が何のために作ったのか?これを作ってこれを観て一体誰が得をするのだろうか?

《大俠梅花鹿》修復前後比對 Restored "The Fantasy of the Deer Warrior" before & after




謎は尽きませんが、あるサイトによると、
1950年代ごろに台湾でも海外製動物モチーフミュージカル映画がヒットしたために、台湾映画界でもそういうファンタジックな映画を作れば当たるだろう、との目論見で製作・公開されたそうです。
6a02491f592fa290757cfedc2c73fe86.jpg

それがどうしてこうなった・・・・。
飛行機で北海道へ向かうつもりが、ついた先は沖縄だったみたいな、目論見と完成作品のギャップを感じさせます(笑)

1383386626-3966271837.jpg

なお、地元台湾でも近年再公開され、「KUSO」映画(クソゲーのクソと同義)・カルトムービーとして認識されているそうです。
7cfc78fc-9949-4d09-892f-10fe1e1966d2mini.jpg

「大俠梅花鹿」搞笑台語片重現





地元台湾ではそのカルト性に目をつけ、この映画をモチーフにしたパロディCMが作られる始末。
さすが台湾、恐るべしといったところでしょうか(笑)。

台湾ではDVDも発売。DVDのチャプター画面
snapshot20130820141457.jpg

雪山鹿家村

スポンサーサイト
2015/09/22

オミプロ新着動画DX 9月号 その2 劇場版科学装光スターバートラム 危うし!超装光ロボ

今年の6月27日に、東京・下北沢短編映画館トリウッドにて上映された上映会作品
科学装光スターバートラム
危うし!超装光ロボ

0627a.jpg
が配信開始されましたので、ごゆっくりお楽しみください。

心待ちにしていたオミプロファンの皆さまも多かったと思います。
YouTube初配信となる 劇場版科学装光スターバートラム 危うし!超装光ロボ (ナンバリング上は9.5話)、ご視聴ください!

侵略計画をことごとくスターバートラムに阻止されたザンドス連合のグローサー大佐が更迭、新たなザンドス前線指揮官が赴任した。
スターバートラムは新指揮官が送り込んだ強力な怪獣兵器を打倒できるか!?

科学装光スターバートラム
第9.5話 劇場版科学装光スターバートラム 危うし!超装光ロボ





まずは何といっても、超装光ロボ・スターバートラムとザンドス連合自慢の強力怪獣との迫力あふれる戦闘シーンは必見といえるでしょう。

その他、スターバートラムに乗り込む静香(加藤萌子さん)・明菜(緒方友麻さん)・徹(宮崎龍矢さん)の奮闘ぶりと、それを支えるIR7メンバーのチームワークもまた、要注目といえましょう。

オミプロの配信完全特撮新作シリーズ、今までご覧になった視聴者の方々も、初めてご覧になる方々も、改めて動画をご覧いただき楽しんでいただけましたら、幸いに思います。

現行連続配信シリーズ
科学装光スターバートラム

第1話「地球を揺るがす超装光」

第2話「自信に満ちた魔の兵器」

第3話「追跡!高度40万キロ」

第4話「明日に向かってドリルパンチャーを撃て!」

第5話「IR7へ潜入せよ」

第6話「宇宙からやってきた訪問者」

第7話「未知なるエネルギーを探索せよ」

第8話「ミクロの悪魔を撃退せよ」

第9話「使命感と執着心」

第9.5話 劇場版科学装光スターバートラム 危うし!超装光ロボ


銀河警察隊コスモレスター

第1話「三人揃って始まった」

第2話「敵は大きく多かった」

第3話「貴女の声はエサだった」

第4話「クッキー食べて喧嘩した」

第5話「心と体が逆だった」

第6話「ゴールドラッシュに泣いていた」

第7話「何故か洋がモテていた」

第8話「必殺技が破られた」

第9話「ニセ映像に騙された」

第10話「身体検査が狙われた」

第11話「やっぱり君も女だった」

第12話「伝家の宝刀凄かった」

第13話「三文芝居に乗せられた」

第14話「黄泉から友が帰ってきた」

第15話「先輩たちがやってきた」

第16話「みんなの心が大事だった」

第17話「遊覧飛行は恐ろしかった」

第18話「タンタンタヌキがまた現れた」

第19話「あちこち花が咲いていた」

ちょっと!グリーンロード

第1話「愛が生まれた日」」

第2話「いわゆるひとつの誤解です」

第3話「うちのお父さん」

第4話「まちぶせ」

第5話「親父の一番長い日」

第6話「よせばいいのに」

第7話「やさしい悪魔」

第8話「ろくでなし」

第9話「手紙」


次回配信予定作品は、
科学装光スターバートラム
第10話「越えるべき壁」

2015年10月第2週配信予定
YouTube初公開となりますので、ご期待ください。

そして上映会作品
アンデッドファントム

11884676_657362914398954_9202461159131928382_o_convert_20150915231837.jpg


11月27日金曜日および11月28日土曜日
18:30より
東京・下北沢・短編映画館トリウッドにて
(前売り・当日ともに全席自由1000円、前売り予約受付中)

上映会開催決定しました。是非とも足を運んでいただけたら幸いに思います。

なお、
前売り券のご予約は、公式サイトのフォームより承っておりますので、
ご予約いただけましたら幸いに思います。   

では、次回もオミプロYOUTUBE動画、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
2015/09/21

2015 9/20 DXオミプロ撮影お手伝い日誌 [外伝その25] 劇団J.A.M ACT6.5 番外公演Vol3 「僕のポケットは星でいっぱい」編

オミプロキャスト・スタッフのオミプロ以外での活躍・活動をリポートするオミプロ撮影お手伝い日誌外伝。

今回はオミプロキャスト・神楽坂清一朗さん出演の舞台公演に行って参りました。


オミプロキャスト・神楽坂清一朗さん出演の舞台
劇団J.A.M ACT6.5 番外公演Vol3
「広くて素敵な宇宙じゃないか」16時~公演分

「僕のポケットは星でいっぱい」19時~公演分
9月18日(金)~9月20日(日)
東京・下北沢 東演パラータにて公演


会場の最寄り駅は小田急または京王井の頭線、下北沢駅。

今回はお手伝い日誌外伝初の舞台ダブルヘッダー鑑賞。
今回の記事は、19時より公演の「僕のポケットは星でいっぱい」を紹介します。

先の舞台の余韻さめやらぬ中、定刻になり舞台は開演。
そして、本公演もこの芝居で千秋楽オーラスとなりました。

舞台のあらすじは、

タイムトラベルが一般に普及するようになった近未来。
歴史改変悪用を防ぐため、時代移動が悪用されないように規制も厳しくなっていた。

平和に暮らしていた柿本家に、一人の少年が突然訪ねてきた。
なんと少年は、時間管理法を破り16年前からやってきた柿本家の長男だった!

てな感じの近未来SF劇です。

全体的にテンポが非常に良く、舞台が行なわれた60分間、時間を忘れて一気に鑑賞できました。
また、BGMの挿入のしかたも実に効果的で臨場感を出すのに一役買っていました。

まずは何といっても主役の一人、16年前のケイスケ(カシオ)少年のひたむきでけなげな姿が心を打ちます。

そして、柿本家の人々や、時間管理法を取り締まる時間管理局員たち、ニュースプラネットの制作スタッフといった、それぞれの立場に置かれた個性あふれる登場人物が、物語を彩って盛り上げていました。

カシオ少年は時間管理法を破ってまで果たしたかったこととは何か!?
そしてカシオ少年の思いは成就できたのか!?

さて、神楽坂清一朗さんはどこで登場したか?

主役である現在系の柿本カシオとして登場。

16年前の少年時代の自分の突然の来訪に戸惑いつつも、ケイスケ(カシオ)少年の暴走を食い止めつつもひたむきな思いに協力するという役割を、堂々と演じていたのでありました。

さて、16時公演の「広くて~」と、今回19時公演の「僕のポケット~」は、設定や登場人物が若干かぶっているなど、共通点が見受けられます。

実は、「広くて~」と「僕のポケット~」は世界観がリンクした舞台だったのです。

その2つの舞台の世界観のつながり方は、舞台を2つ見てはじめてハッとさせられる、実に絶妙なつながり方でした!


全体的に、内容的にも非常に面白く有意義な舞台観覧でした。

では、来月の次回撮影、オミプロお手伝い日誌にご期待ください。
2015/09/20

2015 9/20 DXオミプロ撮影お手伝い日誌 [外伝その24] 劇団J.A.M ACT6.5 番外公演Vol3 「広くて素敵な宇宙じゃないか」編

オミプロキャスト・スタッフのオミプロ以外での活躍・活動をリポートするオミプロ撮影お手伝い日誌外伝。

今回はオミプロキャスト・神楽坂清一朗さん出演の舞台公演に行って参りました。


オミプロキャスト・神楽坂清一朗さん出演の舞台
劇団J.A.M ACT6.5 番外公演Vol3
「広くて素敵な宇宙じゃないか」16時~公演分

「僕のポケットは星でいっぱい」19時~公演分
9月18日(金)~9月20日(日)
東京・下北沢 東演パラータにて公演


会場の最寄り駅は小田急または京王井の頭線、下北沢駅。

今回はお手伝い日誌外伝初の舞台ダブルヘッダー鑑賞。
そして公演も本日で千秋楽を迎えます。

今回の記事は、16時より公演の「広くて素敵な宇宙じゃないか」を紹介します。

非常に良好な秋晴れの天候の中、定刻になり舞台は開演。

舞台のあらすじは、

アンドロイドが医療福祉の分野で発展、貢献するようになった近未来。
アンドロイドが一般家庭にレンタルされる初のケースとなった柿本家に、おばあちゃんのアンドロイドがやってきた。
しかし、末娘のクリコがおばあちゃんアンドロイドに反発、思わぬ行動に出ることに・・・。

てな感じの近未来SF劇です。

全体的にテンポが非常に良く、舞台が行なわれた60分間、時間を忘れて一気に鑑賞できました。

明るくユニークに進行しつつも、根底はハートフルなドラマに仕上がっていました。

アンドロイドながらも、ユーモアあふれる態度で柿本家の人々に優しく、ハートフルに接するおばあちゃん。
反発する末娘にも心を通わせようと頑張りをみせます。

そして亡くなった母の面影を感じさせるおばあちゃんアンドロイドを頑なに拒否し続ける末娘の心の葛藤を丁寧に描いた物語展開は、見ていて感情移入しやすく好感のもてる芝居でした。

おばあちゃんに反発した末娘と、末娘の考えに共感したアンドロイド管理局員がとった行動とは!?
そして、その行動で危機が訪れたおばあちゃんと末娘は心を通わせることができるのか!?

さて、神楽坂清一朗さんはどこで登場したか?

テレビ局のニュースレポーターとして登場。
ぜひ多くの人に見てもらいたいと思うくらい、「ビューテイフル」で「あでやか」なレポーターをコミカルさたっぷりに演じていました。

全体的に、内容的にも非常に面白く有意義な舞台観覧でした。

では、来月の次回撮影、オミプロお手伝い日誌にご期待ください。