2016/05/30

2016 5/28・29 DXオミプロ撮影お手伝い日誌[第129話]下北沢トリウッド上映会編

5月28日土曜日及び5月29日日曜日、東京の下北沢にある短編映画館トリウッドにて、上映会公開作品

プリベント・オーバーステイ
CffbXVJW8AE_rb5.jpg


の上映会を行ないました。

作品のジャンルはSFハートフルコメディ。
あらすじは・・・・・

航空宇宙学を学ぶ外国人のチャーリーのビザの期限切れが迫り、このままでは日本に滞在できなくなってしまう。
チャーリーとともに航空宇宙学を学んだめるもまた、自身の身体能力と秘密を知ってしまう。

チャーリーは来日した母親によって呼び戻されそうになり、めるは自身の身体能力の秘密を知った政府の組織につけ狙われる羽目に陥ってしまう。

めるは組織から身を守ることが、そしてチャーリーは無事に日本滞在の希望を叶えることができるのだろうか・・・・・!?

と、いう物語です。

めるを演じたかとう萌子さん。チャーリーを演じた三木綾乃さん。
それぞれの悩みを抱えながらも、自分の夢に向かいそしてお互いの友情をはぐくむ姿を主役として堂々好演していました。

めるの母役の葉月しのさんは温かみのある母親ぶりをみせ、めるの姉役の竹中さやかさんは男勝りで庶民的なお姉ちゃんを人間味あふれる演技で演じ切りました。

チャーリーの母役の西尾沙織さんは気品がありながらも厳格な母親ぶりで演じ切り、チャーリーの世話係ミリ役の美玲さんは、品がありつつ機転も利く活躍ぶり。

めるを追う4人の政府機関もいい味を出しており、クールに作戦を遂行する女性メンバーのジャッキー(永沢実恵さん)とファニー(緒方友麻さん)、間抜けでどこか憎めないダブル(上道=かんだち 龍矢さん)とサファリ(神楽坂清一朗さん)たち4人それぞれ個性あふれる存在感を醸し出していました。

また、山口毅さん演じる航空宇宙学校講師と、ナツキさん演じる刑事、そして岩見幸絵さん演じる謎の女性もまた、作品を見るうえで欠かせない存在と言えます。

プリベント・オーバーステイ公開直前SP




そして何より、今作「監督」2作目となる作品を製作した小美濃たつやさん。

小美濃たつや監督は、自身の映画への造詣の引き出しをうまく使い、見事に作品をまとめあげたのでありました!

二日間とも会場は活況を呈し、会場に来られたお客様各位も喜んでいただけたかと思います。

会場に来られたお客様の皆様にこの場を借りて心より感謝御礼申し上げます。
CffbYFwWEAQf-4l.jpg

ご好評いただいたプリベント・オーバーステイ、
実は今回のみならず、好評につき7月30日土曜日に再度上映会にて上映されることが決定しました!

7月30日土曜日 18:30
(前売り・当日ともに全席自由1000円)
東京・下北沢・短編映画館トリウッドにて上映会開催

<会場にて、前回上映会作品・アンデッドファントム
のDVD販売も行います。 本編・メイキングの二枚組で1200円
(オミプロ公式サイトでの通販もあり。その際は送料別途)>


次回上映会で初めてご覧になる方も、そして一度見にいらした方も是非とも足を運んでいただけたら幸いに思います。


それでは、来月のオミプロ撮影お手伝い日誌にご期待ください。
スポンサーサイト
2016/05/28

ミズコミズオMの水遊記(すいゆうき) 第13話目 「セリフを下さい」の巻

今回は以前オミプロ作品に出演されていた、竹中さやかさん出演の舞台公演に行って参りました。


竹中さやかさん出演の舞台

Theatre劇団子 31th act
「セリフを下さい」
5月25日(火)~5月29日(日)/
東京・中野 テアトルBONBONにて公演


会場の最寄り駅はJR総武・中央線 中野駅。

中野に早めについて、中野恒例のブロードウェイ巡りののち、5月31日まで中野のメテオにて開催中の「わたしのファミカセ展2016」を鑑賞。ファミカセ展についてはツイッターの詳細なまとめがあるのでそちらをご覧ください。

本公演が1989年が舞台とのことなので、中野のブロードウェイの古本・古玩具屋巡りやファミカセ展で観に行く自分の「1989年観」を掘り起こし、今回の公演に備え・・・・嘘です(笑)。ただブロードウェイ巡りやファミカセが大好きなだけです(笑)。

会場に着くと、場内はすでに満員。定刻になり舞台は開演。

舞台のあらすじは、
1989年4月。前野商業高校の放送部は様々な過去の因習に縛られ新入部員の勧誘もままならないほどに廃れ切った部活動になっていた。だが一人の新入部員の奮起とそれに呼応しコンテスト出場という目標を持った部員たちが盛り上がりを見せた矢先に・・・。そして27年の時は流れ現在、部長の七瀬さんがとある事件に関わり・・・・。

てな感じのヒューマンドラマ劇です。

劇団子は今回も背景セットが非常に作りこまれていて、舞台の雰囲気づくりを大切にしています。

この舞台は2016年の現在から始まり、ある事件に関わった七瀬という元放送部員の話を聞きに来た弁護士が、母校・前野商業高校に赴き、七瀬が放送部部長をしていた1989年当時の回想が始まり、以降ところどころに2016年の現在と1989年の過去の話が交錯して展開していきます。

1989年と2016年、それぞれの過去と未来の登場人物の変遷が面白く描かれ、また、未来につながる過去の伏線もきちんと張られてあってきめ細やかな話の作り方をしていました。

劇団子は今回の公演においても、一人一人のキャラクターの面白さがよく出ていて、かつ以前の公演でも見せたボケと突っ込みが気持ちいい軽妙な掛け合いで場内のお客さんを笑わせ、そして時にシリアスな場面で魅入らせたりもします。

佳境へと入るにつれ、状況は一様に変転してきます。

1989年、一人の新入部員の奮起でコンクール出場という目標を持った放送部は、出場に向け一丸となって練習しますが、芸能活動をしていたために幽霊部員状態だった七瀬の親友が部に戻ってきたことで放送部は一波乱起きてしまう・・・。

・・・・・そして2016年、七瀬が関わった事件は、1989年の一波乱の過去から少しづつ真相が・・・!?


さて、竹中さやかさんはどこで登場したか?

前野商業放送部部長・七瀬さんとして出演。

今までの舞台やオミプロ登場時とは打って変わった、内気で地味でおとなしい女の子を熱演。
内気で弱気な七瀬さんについつい同情、感情移入してしまうほどにさやかさんは七瀬さんを演じきったのでありました。

全体的に、内容的にも興行的にも非常に高いレベルでバランスが取れていて、大いに満足した舞台観覧でした。

次回以降もどこか行ったら記事書こうと思います。
2016/05/25

オミプロ新着動画DX 2016年5月号 その2 ゼロサイバーズ 第8話(最終話)「因果」


オミプロ配信完全新シリーズの
ゼロサイバーズ
555e65e4r457.jpg
第8話(最終話)「因果」
が配信開始されましたので、ごゆっくりお楽しみください。

心待ちにしていたオミプロファンの皆さまも多かったと思います。
最終話を迎えるゼロサイバーズ第8話、ご視聴ください。

宇宙人の侵攻で仲間に犠牲者が出てしまった。仲間の誰かが宇宙人なのではないかと疑心暗鬼に駆られる一同。
果たして仲間の誰かが宇宙人なのか?そして衝撃のラストは・・・!?

ゼロサイバーズ第8話
「因果」




ゼロサイバーズ第8話、今までご覧になった視聴者の方々も、初めてご覧になる方々も、改めて動画をご覧いただき楽しんでいただけましたら、幸いに思います。

現行連続配信シリーズ

ゼロサイバーズ

第1話「襲来」

第2話「絶望」

第3話「奈落」

第4話「焦眉」

第5話「猜疑」

第6話「発覚」

第7話「危殆」

第8話(最終話)「因果」

ちょっと!グリーンロード

第1話「愛が生まれた日」」

第2話「いわゆるひとつの誤解です」

第3話「うちのお父さん」

第4話「まちぶせ」


第5話「親父の一番長い日」

第6話「よせばいいのに」

第7話「やさしい悪魔」

第8話「ろくでなし」

第9話「手紙」


第10話「また会う日まで」

科学装光スターバートラム

第1話「地球を揺るがす超装光」

第2話「自信に満ちた魔の兵器」

第3話「追跡!高度40万キロ」

第4話「明日に向かってドリルパンチャーを撃て!」

第5話「IR7へ潜入せよ」

第6話「宇宙からやってきた訪問者」

第7話「未知なるエネルギーを探索せよ」

第8話「ミクロの悪魔を撃退せよ」

第9話「使命感と執着心」

第9.5話 劇場版科学装光スターバートラム 危うし!超装光ロボ

第10話「越えるべき壁」

第11話「新たなる脅威」

第12話「さらば!スターバートラム IR7よ永遠に」

銀河警察隊コスモレスター

第1話「三人揃って始まった」

第2話「敵は大きく多かった」

第3話「貴女の声はエサだった」

第4話「クッキー食べて喧嘩した」

第5話「心と体が逆だった」

第6話「ゴールドラッシュに泣いていた」

第7話「何故か洋がモテていた」

第8話「必殺技が破られた」

第9話「ニセ映像に騙された」

第10話「身体検査が狙われた」

第11話「やっぱり君も女だった」

第12話「伝家の宝刀凄かった」

第13話「三文芝居に乗せられた」

第14話「黄泉から友が帰ってきた」

第15話「先輩たちがやってきた」

第16話「みんなの心が大事だった」

第17話「遊覧飛行は恐ろしかった」

第18話「タンタンタヌキがまた現れた」

第19話「あちこち花が咲いていた」

第20話「最終決戦始まった」

第21話「それぞれの道へ巣立っていった」


次回配信予定作品は、
完全新作SF特撮シリーズ
ガイアスパルタン
第1話「かがりとPJ」

2016年6月第2週配信予定
ですので、ご期待ください。

そして先々月クランクアップした上映会公開作品
プリベンドオーバーステイ
12240147_743956645739580_2876539500336803637_n_convert_20160411184239.jpg

プリベント・オーバーステイ公開直前SP




5月28日土曜日および5月29日日曜日
両日とも18:30より
東京・下北沢・短編映画館トリウッドにて
(前売り・当日ともに全席自由1000円)

<会場にて、前回上映会作品・アンデッドファントム
のDVD販売も行います。 
本編・メイキングの二枚組で1200円

(オミプロ公式サイトでの通販もあり。その際は送料別途)>


上映会開催決定しました。是非とも足を運んでいただけたら幸いに思います。

4月17日よりチケットのネット販売が始まりましたので、オミプロオフィシャルサイトにてお求め頂けましたら幸いに思います。

では、来月もオミプロYOUTUBE動画、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
2016/05/23

2016 5/22 DXオミプロ撮影お手伝い日誌 [外伝その26] フライドBALL企画 Vol14 「整形Master Mind」編

オミプロキャスト・スタッフのオミプロ以外での活躍・活動をリポートするオミプロ撮影お手伝い日誌外伝。

今回はオミプロキャスト・美玲さん出演の舞台公演に行って参りました。


オミプロキャスト・美玲さん出演の舞台
フライドBALL企画 Vol14
整形Master Mind
5月19日(木)~5月22日(日)
東京・高円寺 明石スタジオにて公演


会場の最寄り駅はJR中央線高円寺駅。


千秋楽となる本日、会場に着くと場内はほぼ満席でした。
定刻になり舞台は開演。

舞台のあらすじは、
美容整形の技術が向上し、誰もが手軽に気軽に手術を受けることができるほど一般に完全に整形手術が普及した近未来。
軽い気持ちで手術を受け顔を簡単に変える患者と、そんな患者の願いを二つ返事で引き受け整形手術を施す医師たち。
一方で、手術には回数制限があり、また整形をしたことで種々のトラブルに見舞われる患者たちと医師たち・・・。

てな感じの近未来ブラックユーモア劇です。

まず、整形手術が誰でも簡単に受けられる世界というアイディアが非常に個性的で、面白く感じました。

その世界観は整形手術というテーマで一貫していて、整形手術の回数制限設定や、整形をおこなう患者たちの目的や思惑など、「アイディア一点突破主義」的な進め方。
そして観る側の共感を得にくい強烈な個性を持つ、一癖も二癖もある登場人物たちも非常に面白い試みと思いました。

またBGMの挿入のしかたも実に効果的で臨場感を出すのに一役買っていました。

ややギャグがくどい感じながらも、明るめのコメディチックな雰囲気で物語は進みます。

しかし後半、軽い気持ちで整形を繰り返す患者たちと、二つ返事で引き受ける医師それぞれが整形手術を繰り返すことによって起こる問題が次々と噴出し、登場人物たちは右往左往します。

安易に整形を繰り返す患者たちに待ち受ける厄災とは!?
また、簡単に手術を引き受けてしまう医師たちが直面する問題は!?

さて、美玲さんはどこで登場したか?

夫の整形を依頼する若奥さんとして登場。
これが初めての舞台である美玲さんはこの役をきっちり熱演。この公演を皮切りに、経験と回数を重ねていけばより楽しみな存在になっていくことでしょう。期待しています。

全体的に、内容的にも非常に面白く有意義な舞台観覧でした。

では、来週オミプロお手伝い日誌にご期待ください。