--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/19

活動写真一球入魂! 第3球 プリティ・リーグ(1992)

だいぶ久しぶりの「活動写真一球入魂!」

映画の紹介記事なんですが、映画記事は映画を文章に起こすのがかなり大変な作業のため、映画は20本近く見ていたのですが、なかなか時間がとれずに棚上げしてました。すいませんでした。

しかし今回、記事として残したい作品にめぐり合えたので、再開します。

今回は前回に引き続き、女子集団スポーツものを紹介いたします。

その作品は、
プリティ・リーグ(1992)
です。
128974317853218632794062978.png

あらすじは、1943年、第二次世界大戦の真っ只中、アメリカでは男性プロ野球選手が次々と戦争に徴兵され、のこった女性たちに野球をさせようと全米女子プロ野球リーグ(1943~1954まで実在したプロ野球リーグ)を立ち上げ、各地から女子選手を集めてテストし、各4チームに振り分けます。
peaches1944big.jpg
1943_first_players.gif
実在した全米女子プロ野球リーグと選手たち

オレゴンに住むドティとキットの姉妹は、姉のドティだけ有望選手としてスカウトが来ましたが、ドティが結婚していることを理由に断ろうとしますが、プロ選手としてやりたい妹のキットは無視されたので、姉の参加を条件に
スカウトにねじ込んで、なんとかリーグの参加に滑り込み加入を果たします。
2010-8-26_4.jpg
キャッチャーの姉・ドティとピッチャーの妹・キット

ドティとキットの姉妹は、「ロックフォード・ピーチズ」に入団。
ピーチズの選手たちはみな、一癖も二癖もあるくせ者ばかり。

監督は、かつてのホームラン王、ジミー・ドゥーガン・・・ですが、いまや飲んだくれのアル中。試合中平気で居眠りするわ、まじめに監督しようとしません(苦笑)。

おまけに球場はガラガラ、観客も選手を馬鹿にします。

と、こんな調子なので、終盤まで小ネタ・ギャグネタの連発!
トンチのきいたセリフの数々もイカしてます!
昭和のプロ野球、特にイチローが現れるまでのパ・リーグファンにはたまらないツボが満載!
jinbey2001-img478x600-1166412181prity1.jpg
女子リーグ発足当初のシーンは、本当笑えます(笑)!
とにかく突っ込みどころ満載の、めっちゃくちゃな映像ニュースのシーンが特につぼにはまりました(笑)。

ピーチズの面子もまた、個性的すぎる面々がそろっています。

トム・ハンクス演じる飲んだくれの監督ジミーは、はじめは女子選手たちを認めず、ひどい憎まれ口を終始たたきつつ、徐々に女子選手たちを認めるようになり、アル中から立ち直って監督らしく振舞うところがなかなかいい感じです。それでも、不品行や憎まれ口は最後までそのままでしたが・・・。
20492_001.jpg
飲んだくれ監督演じるトム・ハンクス

球団に内緒でチームメイトたちと夜遊びに行くのに邪魔な球団マネージャーに一服盛ったり、英語のわからない異郷の同僚選手にポルノ小説を読ませて英語の勉強をさせる、マドンナ扮する主力選手・メイ(マドンナ、終始いい味出してます!ゴールデンラズベリー賞(アメリカのクソ映画の賞)の常連のマドンナも、やるときゃやるじゃん!)。
2010-8-26_6.jpg
キャラ立ちしまくりのマドンナ演じるメイと、メイの相棒ドリス

そのほか、メイの相棒でかなりの男勝りのドリス、打撃はいいが内気な不細工(映像ニュースでも、一人だけ引きで撮られたり・・・)しかし飲ませるとかなり性格が変わるマーラや、子連れだがその子供が超トラブルメーカーのエヴリンなどなど・・・。

そんな困ったちゃんな選手や監督が、試合を重ねて自覚を持ちつつも、時には対立し、時には和解しで、コメディチックにテンポ良く話は進んでいきます。
38001532.jpg
似てるけど、映画とはまったく関係のないプレイステーション1のギャル系野球育成ゲーム

終盤。
終戦でアメリカの勝利が濃厚になり、男子野球(メジャーリーグ)の復活で、女子リーグの廃止の危機にリーグのマネージャーが立ち上がり、存続を決意。

加えて、夫の戦死の報に悲嘆にくれる選手や、ドティの夫が運よく除隊し、ドティが引退を考えていた矢先、ピッチャーで妹のキットと仲たがい、ドティーがトレードを申し出ますが、実際にトレードに出されたのは、妹のピッチャー・キット・・・。
7856078976809-777777790.png
そして迎えた女子リーグワールドシリーズ。
ワールドシリーズへ駒を進めたのは、ドティたちピーチズと、キットのトレード先、ラシーヌ・ベルズ。
お互い三勝三敗までもつれ込み、最終戦の第7戦の勝負のゆくえは・・・。
img_162502_1677540_0.jpg
とにかくポジティブで、野球に興味がなくても、随所に挟まれた小ネタやジョークが楽しめる人にはオススメです。

さいごに、プリティリーグを観て面白い!と感じた方にこのマンガをオススメします!
あまり有名なマンガではありませんが、野球ネタを知っている人も、そうでない人も楽しめると思います!

3e5e5053.jpg

20120904021239.jpg
超野球フリーク・伊集院光も作者にファンレターを送るほどに大絶賛した
隠れた野球漫画の傑作「ストッパー毒島(ぶすじま)!」
小ネタが笑えます!プリティリーグとツボはほぼ同じなので、是非!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

彼女たちの野球に対するひたむきさ

うわぁ~懐かしい これまだツタヤで90年代の半ばの頃 まだVHSテープが主流だった頃みましたね。

実際にあったアメリカ女性リーグの話。

>妹のキットと仲たがい
いつも称賛されてたお姉さんのドティの影で ひとり浮かない立場であった妹のキット。
 生意気で 負けん気が強くて 聞かん坊で 
でも それはキットのはちきれんばかりの若さだった気がしますよ。

>トム・ハンクス演じる飲んだくれの監督ジミーこの人もねえ・・・酔っ払いぶりがなかなか笑えました。
 

コメントありがとうございます。

コメントいただきありがとうございます。

プリティーリーグは、本公開から20年以上経って、スポーツもの映画が見たかったので近所のGEOで面白そうと思って借りました。

そしてその時、前知識がなかったのでマドンナが出ていることをレンタルDVDをみて初めて知りました。

曲者揃いの監督やリーグの選手たちがいろいろトラブルを起こしたり…の描写が、コミカルに描かれていて、「隙あらば笑いを取りにいこう、でもクライマックスはきっちり締めるけどね」という作り手の攻めっ気溢れる作風がこの作品の魅力だと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。