--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/03/26

2015 3/26 DXオミプロ撮影お手伝い日誌 [外伝その20] 「くじらは虹色の音楽にのって」 編

オミプロキャスト・スタッフのオミプロ以外での活躍・活動をリポートするオミプロ撮影お手伝い日誌外伝も本日の公演で20回目を数えることとなりました。

今回はオミプロキャスト・朝比奈叶羽さん出演の舞台公演に行って参りました。

オミプロキャスト・朝比奈叶羽さん出演の舞台

カルミアクラブ第4回公演
「くじらは虹色の音楽にのって」
3月24日(火)~3月29日(日)
@池袋GEKIBAにて公演


会場の最寄り駅はJR・地下鉄副都心線池袋駅。

定刻になり舞台は開演。舞台のあらすじは、

主人公一家はホエールウォッチングを楽しむためにカナダに旅行にいくも、旅行先で交通事故に遭ってしまう。

ほかの家族は軽症で済んだが、主人公・理沙の姉・美里(音大生)が事故の影響で耳が徐々に聞こえなくなる障害を負ってしまう。

美里本人や理沙・家族、友人たちはそんな現実にどう向き合っていくのか・・・・・。

てな感じのヒューマンドラマ劇です。

美里が事故で聴力を失いかける悲劇が、家族間や大学の友人間、入院先の病院の医師・看護師・患者間、そして理沙の友人関係まで波及。

そんな美里を取り巻くコミュニティの反応を通して、悲劇とわずかに見える光明が語られていき、ストーリーが徐々につづられていきます。

舞台劇が進む中で特に光った部分は、場面場面に応じて効果的に流されるBGM!
物語の状況を的確に伝え、かつ説得力を生むうえでBGMの使い方が、ここぞ!という絶好の切り替わりのタイミングでのBGM挿入かつ場面にジャストフィットした絶妙な選曲で、物語に引き込む効果に一役買っていました。

舞台を彩る照明もまた、場面場面で全体を、そしてキーパーソンにはピンポイントでスポットライトを、といったように効果的に機能、色鮮やかな照明と、適応適宜フレキシブルに舞台を彩るライティングワークのセンスのよさが光ります。

時折差し込まれるキャスト全員による音楽にのせた華やかなダンスも、舞台全体の華とメリハリを引き立たせるすばらしいものでした。

舞台終盤、理沙が絶望に沈む美里のためにあることを思いつき、周りの協力を求めて実行しようとしますが・・・・・。
果たして理沙は美里が喜ぶためにいったい何を思いつき、なにを実行しようとしたのか・・・・?
家族や友人、病院の人たちの反応は・・・・・?

さて、朝比奈叶羽さんはどこで登場したか?

叶羽さんは理沙の親友・葵として出演。
感情表現・キャラクターの個性付けのしっかりした、年頃の女の子のかわいさが良く出た演技を堂々、見事に披露しました。

なお、この公演はダブルキャストで、本日・本時間帯は叶羽さんが属する配役チームの登場公演。
29日の千秋楽までに、別の配役チームと交互に出演、叶羽さんをはじめとした出演者たちは公演日時・チームごとに配役が入れ替わることとなるので、観覧の際は公演日時にご注意ください。

記事をご覧になった方で、興味を持たれた方は、29日日曜日まで公演していますので、是非会場まで足を運んでいただき直接会場でご覧いただけましたら、幸いです。

全体的に、内容的にも非常に有意義な舞台観覧でした。

では、一週間後の次回撮影、オミプロお手伝い日誌にご期待ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

見ました\(^o^)/

初日の舞台を拝見しました。
朝比奈さん美里の感情を刺激する見せ場のシーンはとても迫力ありましたね。

今後にも期待してます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。