--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/21

2015 5/20 DXオミプロ撮影お手伝い日誌 [外伝その21] 「トウキョウの家族」編

オミプロキャスト・スタッフのオミプロ以外での活躍・活動をリポートするオミプロ撮影お手伝い日誌外伝も本日の公演で20回目を越えることとなりました。

今回はオミプロキャスト・竹中さやかさん出演の舞台公演に行って参りました。

オミプロキャスト・竹中さやかさん出演の舞台

Theatre劇団子 30th act 「トウキョウの家族」
「トウキョウの家族」
5月20日(水)~5月24日(日)
東京公演:下北沢  下北沢駅前劇場にて公演

5月29日(金)~5月31日(日)
大阪公演:なんば 千日前TORIIHALLにて公演


会場の最寄り駅は京王・小田急下北沢駅(東京公演)。
(大阪公演は地下鉄なんば・日本橋駅)

竹中さやかさんの所属するTheatre劇団子の公演開催は前回、2012年9月公演の落人たちのブロードウェイ以来となる2年8ヶ月ぶりの復活公演となります。自分としても、前回公演についで二度目の観覧となります。

定刻になり舞台は開演。舞台のあらすじは、

あるきっかけでネットで見つけた古い画像をたよりに、伊豆大島の小さな旅館にたどり着いた劇団主宰の青年・小泉。
老いて認知症になってしまった旅館の女将と、そんな女将を支える長女。そして旅館の家族に関わる近所の人たち。
そこに三女夫妻が旅館を訪れ、さらに長女と折り合いが悪く家を出て行った次女が帰ってきて・・・・・。

てな感じのヒューマンドラマ劇です。

全体的にテンポが非常に軽快でコミカル、トンチのきいたウイットとユーモアあふれる登場人物の会話は非常に面白く、ところどころ笑わせてもらいました。とにかくボケとツッコミのタイミングが絶妙で、コントのような面白さがありました。

それのみならず、笑わせつつもシリアスな場面でキッチリと締めるメリハリの利いたストーリー展開や、物語が進むにつれ徐々に明らかになる登場人物の過去と秘密の見せ方もまた、物語に素直に感情移入しやすく、素晴らしいものでした。

また、細部まで作りこまれたセットも要注目ポイントでしょう。

舞台終盤、旅館の家族と親しい近所の住民と、小泉がいろいろと問題を抱えた旅館の家族のためにあることを考え付いて実行しようとしますが・・・。果たしてそれは何なのか?とにかくとてもユニークな方法で、とだけ言っておきましょう。

さて、竹中さやかさんはどこで登場したか?

さやかさんは伊豆大島の旅館に訪れた劇団主宰の恋人にして劇団の看板女優のユメコとして出演。
さやかさんの演技力の確かさが存分に堪能できる、非常に面白い役どころを見事に熱演していました。

なお、この公演は東京・大阪、二つの都市で開催され、本日・本時間帯は東京公演初日。
31日の千秋楽までに、東京公演は本日20日水曜から~24日日曜まで、
大阪公演は29日金曜から31日日曜になりますので、
観覧の際は公演日時にご注意ください。

記事をご覧になった方で、興味を持たれた方は、上記日程で公演していますので、是非会場まで足を運んでいただき直接会場でご覧いただけましたら、幸いです。

全体的に、内容的にも非常に面白く有意義な舞台観覧でした。

では、来月の次回撮影、オミプロお手伝い日誌にご期待ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。