FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/09/21

2015 9/20 DXオミプロ撮影お手伝い日誌 [外伝その25] 劇団J.A.M ACT6.5 番外公演Vol3 「僕のポケットは星でいっぱい」編

オミプロキャスト・スタッフのオミプロ以外での活躍・活動をリポートするオミプロ撮影お手伝い日誌外伝。

今回はオミプロキャスト・神楽坂清一朗さん出演の舞台公演に行って参りました。


オミプロキャスト・神楽坂清一朗さん出演の舞台
劇団J.A.M ACT6.5 番外公演Vol3
「広くて素敵な宇宙じゃないか」16時~公演分

「僕のポケットは星でいっぱい」19時~公演分
9月18日(金)~9月20日(日)
東京・下北沢 東演パラータにて公演


会場の最寄り駅は小田急または京王井の頭線、下北沢駅。

今回はお手伝い日誌外伝初の舞台ダブルヘッダー鑑賞。
今回の記事は、19時より公演の「僕のポケットは星でいっぱい」を紹介します。

先の舞台の余韻さめやらぬ中、定刻になり舞台は開演。
そして、本公演もこの芝居で千秋楽オーラスとなりました。

舞台のあらすじは、

タイムトラベルが一般に普及するようになった近未来。
歴史改変悪用を防ぐため、時代移動が悪用されないように規制も厳しくなっていた。

平和に暮らしていた柿本家に、一人の少年が突然訪ねてきた。
なんと少年は、時間管理法を破り16年前からやってきた柿本家の長男だった!

てな感じの近未来SF劇です。

全体的にテンポが非常に良く、舞台が行なわれた60分間、時間を忘れて一気に鑑賞できました。
また、BGMの挿入のしかたも実に効果的で臨場感を出すのに一役買っていました。

まずは何といっても主役の一人、16年前のケイスケ(カシオ)少年のひたむきでけなげな姿が心を打ちます。

そして、柿本家の人々や、時間管理法を取り締まる時間管理局員たち、ニュースプラネットの制作スタッフといった、それぞれの立場に置かれた個性あふれる登場人物が、物語を彩って盛り上げていました。

カシオ少年は時間管理法を破ってまで果たしたかったこととは何か!?
そしてカシオ少年の思いは成就できたのか!?

さて、神楽坂清一朗さんはどこで登場したか?

主役である現在系の柿本カシオとして登場。

16年前の少年時代の自分の突然の来訪に戸惑いつつも、ケイスケ(カシオ)少年の暴走を食い止めつつもひたむきな思いに協力するという役割を、堂々と演じていたのでありました。

さて、16時公演の「広くて~」と、今回19時公演の「僕のポケット~」は、設定や登場人物が若干かぶっているなど、共通点が見受けられます。

実は、「広くて~」と「僕のポケット~」は世界観がリンクした舞台だったのです。

その2つの舞台の世界観のつながり方は、舞台を2つ見てはじめてハッとさせられる、実に絶妙なつながり方でした!


全体的に、内容的にも非常に面白く有意義な舞台観覧でした。

では、来月の次回撮影、オミプロお手伝い日誌にご期待ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。